A作戦とは<まったく新しい戦略>
トップページに戻る
A作戦とは<まったく新しい戦略>
作戦の流れ<A作戦の進行方法>
実績<過去の様々な実績集>
新着情報<各種情報のお知らせ>
会社概要<亜多加ってこんな会社>
経営者が学ぶ<勉強会・セミナーのご案内>
各種お問合せ<質問・資料請求の窓口>
店舗改装、CI(ロゴデザイン)、ホームページ、パンフレット制作等… 神奈川県小田原市の亜多加プランニング株式会社
 



  A作戦の[A] A作戦のAはAttractive(魅力)のAです。
A作戦とは、事業成績に大きく影響する「事業魅力」をコントロールして、その結果として業績アップを叶える戦略です。

Aは「魅力=Attractive」以外に、経営者の速やかな「行動=Action」であったり、物事の基本「イロハのイ」のローマ字版「ABCのA」であったり、作戦を提供する亜多加プランニング株式会社の頭文字でもあります。

2003年、私達はアイディア・デザイン・キャッチコピーという類のクリエイティブと呼ばれる戦略が事業の盛衰に大きく影響する事に着目し、このA作戦を戦略・体系化しました。

その極意は「売れない原因(悪い魅力)を掴み、それを滅却する事」そして「新たな良い魅力を創造し、事業魅力を増大させる事」です。
ですが、誰もが出来る事ではありません。最も大切な点は「魅力の視点・評価軸」が正しく機能している事です。亜多加は試行錯誤を繰り返し、10年以上に亘る研究の末、その評価軸を可能な限り極めています。
その結果として、2005年以来の支援成功率(新規客増・粗利益増・客単価増・売上増の何れかを叶える)100%を保持しています。

A作戦は、正しい評価軸による事業診断・調査、正しい企画(アイデア・デザイン)、妥協のない実行、そして、臨機応変なフォロー体制によって具現化されるのです。






A作戦=事業の魅力のコントロールお客様が入るお店の入口はキレイに越した事はありません。
でも、ただキレイって、一概に決められません。
どういう方向性でキレイにするのでしょうか?
そのキレイって経営者が決めるのでしょうか?
その決定者のセンスは、お客様の嗜好に合っていますか?

僕らは提言します。お店のキレイは…
アナタ(経営者様)が欲しいと思うタイプのお客様の目線で決めます。
アナタの事業に、ピッタリ合うお客様の嗜好で揃えます。

キレイだけじゃありません。
面白い。楽しい。嬉しい。美味しい。美しい。それらお客様の心を動かす事業の魅力の全てをアナタの欲しいお客様の感性で統一します(コンセプトの統一)。

お店の入口だけじゃありません。
広告デザインはキレイでしょうか?
名刺は事業の魅力を表しているでしょうか?
チラシやパンフレットはそれぞれ良いコンディションでしょうか?
ホームページはしっかり機能しているでしょうか?
それらのデザインは統一性が保持されているでしょうか?
BGMは?店内の薫りは?スタッフの衣装は?話し方は?

それら事業を構築する要素全てを、ターゲットするお客様の嗜好で揃えられたら、
お客様は迷わず店内に入り、目的の商品を手にするでしょう。

そう言う仕組みを知った上で、事業魅力を正しくコントロール出来たら…。
想像して下さい。アナタの事業はどう成長・変化しますか?






認知度は適度でしょうか?お客様は商品を買ったりサービスを利用したりして下さいます。
ですが、その前に、アナタの事業は大勢のお客様に知られているでしょうか?
事業が知られていないのは、存在しないのに等しいのです。

事業名は知られていますか?
何の業種か知られていますか?
同業他社と比べて、何が勝っているか、しっかり認知を取れていますか?
ただの○○屋さん。って思われていませんか?
あそこの店に行くと○○や○○があって良い。って噂されていますか?
事業の長所がしっかりと理解されていますか?

知っている人全てがお客様にはなり得ません。
アナタの事業は人口1000人に対して何人の顧客を獲得できるでしょうか?
また、来客された新規のお客様の何割をリピーターに出来るでしょうか?

立地条件に応じた広告戦略の必要性をご存じでしょうか?
立地条件の悪い場所は家賃は安いけれど広告費は沢山かかります。
立地条件の良い場所は家賃は高いけれど宣伝は最低限でもやっていけます。
トータルで考えたら立地条件の良い方が利益が残る事実を知っていますか?

お客様に事業がどれだけ知られているか?
お店を知られていないと言う事は、お店が無いに等しい事です。

認知度を把握しコントロールする事が大切なんです。






付加価値ってどうすれば築けるの?昔の駄菓子屋で売っていた普通の100円板チョコを思い浮かべて下さい。
その100円が絶対価値だとします。
付加価値とは、文字通りその絶対価値に付加させる価値の事をいいます。
明治のチョコが100円でコンビニエンスで売っていれば絶対価値です。

が、明治のチョコレート工場に見学者用の洒落た売店があったとします。

その中で同じ原材料・同じグラム数でプレミアムチョコが1000円で売っていたとします。
1000円マイナス100円マイナスプレミアな製作コストが、付加価値です。

製作コストに300円ほどかかったとすると、付加価値は600円です。
雰囲気やイメージで600円も多く利益が出るのです。

勿論、売り手側が1000円と付けても誰も買ってくれなければこの付加価値は成立しません。
その為に、パッケージをキレイにしたり、売店を飾ったり、店員さんを教育したりして、
そう言う価値のあるモノを買いたくなる雰囲気を作るのです。

プレミアムチョコレートも美味しくなければなりません。
業界一般の粗利益率よりも多い粗利益を勝ち得るのが付加価値戦略です。
こういう状態をブランド。ブランディングとも言います。

事業にとって付加価値は大切です。
従業員の継続雇用原資であり、事業継続の原資でもあります。
この付加価値が無くなれば、会社は利益が無くなり社員もリストラし事業は縮小します。
どこの事業所もそう言う事になれば、失業率は上がり、一般家庭の収入が減少し、
デフレスパイラルの悪い環境に陥ります。

 





何をすればいいのかお困りの方、亜多加へお気軽にご相談ください。


 
このページのTOPへ
デザイン、店舗改装、開業・独立支援なら亜多加(あたか)プランニング株式会社へ 神奈川県小田原市板橋625   
   
 
●売上向上・店舗改装・創業支援・スタッフ教育等の各種ご相談
●ロゴ・看板・ホームページ・パンフレット・名刺等のツール制作
 
 
Copyright(C) ATAKA Planning Co All rights reserved.